山岳を駆ける鹿ときらめく星
あなたが考える「作戦」と、多くの人が考える「悟り」は、もしかしたら全く違っているのかも。そう思ってみると、ちょっぴり変な感じがしない?
ホームボタン

陽気に体操する父さんとファミレス

錦糸町のクラブのお姉さんを見ると、素晴らしいと思う。
というのは、完璧な外見、会話、それらに対する努力。
お客さんに完璧に勘違いをしてもらわないで、ビジネスだと理解してもらいながら、常連になってもらう。
たまには、もしかするとコイツ、俺に本気かもしれないと思ってもらう。
このバランスのとり方が、どんな仕事よりも絶妙だ。
それは置いといて、私はナンバー入りのホステスの収入がとても聞いてみたい。

風の無い大安の夜はゆっくりと
雑誌を眺めていたり繁華街に行くと綺麗だな〜と思う人はたくさんいる。
顔立ちは、標準的な美人とは言えなくても、愛嬌があったりオーラがあったり。
個人の雰囲気は、その人の心の中かもしれない。
結構大事だと思う。
最近見てしまうのはミュージシャンの西野カナさんだ。
コンサートに行って初めてインタビューを受けている姿を見た。
可愛い!と見ずにいられない。
ベビーフェイスに、スタイルも程よい感じ、明るい色がピッタリ似合う印象。
喋り方がほんわかしていて、方言もポイントがアップ。
CDは割と聞いていたけれど、話している姿を見てもっと大好きになった。

陽の見えない金曜の早朝にこっそりと

御盆が間近になって、とうろう流しなどのイベントが近くで遂行されている。
近郊のイベント会場では、竹やすだれで作ったとうろうが据えられていた。
近くの観光施設では、夜更けには電気の照明は付けられてなくてなくて、ろうそくの明かりだけというのは、すごく素敵だった。
竹やペットボトルの中でキャンドルが光っていて、温和な灯りになっていた。
繊細な照明がそのあたりの木々を照らし出していてたいそう眩しかった。

湿気の多い土曜の昼はシャワーを
子供の3歳の誕生日が近づいているので、誕生日プレゼントを何にしようかを悩んでいる。
嫁と話し合って、体を使って遊ぶ遊具か頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決められないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
けれど、こどもに見せてみたら、以外と簡単に決まった。
すべり台に一生懸命になったので、これに決めた。
ただ、今の借家が窮屈なので、一番小さなコンパクトなやつにした。
値段が、なかなかリーズナブルだったので、よかった。

具合悪そうにお喋りする父さんとよく冷えたビール

私はお肉をそこまで好物ではない食事は自然と魚が主な栄養になってくる。
そうなると、例年の、土用の丑の日の鰻は、私にとっての行事だ。
江戸のあたりでうなぎを開くときには、背開きという習慣があるという。
何故かと言うと、江戸時代から武士文化だったので、腹開きにすれば切腹に由来してしまい、良くないため。
それに対して、関西地方で開かれる分には、腹開きにする事が習慣。
説明すると、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
説明すると、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味につながるから。
他にも、自腹を切るの意味にも通じるので、シチュエーションによってはタブーになる時も。
上のお話は、観光バス会社で働いていた時に、よく、お客様に話していた内容です。
横浜駅より乗り込みして、静岡の沼津のうなぎを食べに行こうという目的。

気持ち良さそうに跳ねるあの人と夕立
何故か今頃ニンテンドーDSにハマっている。
最初は、英検対策に英語漬けやターゲットのゲームソフトを購入していたのみであった。
だけど、ベスト電器でソフトを見ていたら、他の物に目移りしてしまい、気に入るとすぐに買ってしまう。
戦国無双やリズム天国、桃太郎電鉄など。
便利なもので、中国語講座も出ている。
例えば、移動中などの暇な時間にも活躍しそうだ。

凍えそうな休日の夜は足を伸ばして

どこかしら裁縫するための布は金額がする。
娘が園に行くので、きんちゃく袋のようなものが必要とは言っても、案外裁縫するための布が金額がいった。
ひときわ、アニメのキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、ものすごく価格が高かった。
ミッフィーとか他の縫物用の布が非常に価格が高かった。
必要な大きさのの既成品をどこかで購入するのが早いし、安価だが、へんぴな所なので、みんな、家でつくったものだし、周辺に売っていない。

悲しそうに大声を出す友達と濡れたTシャツ
太宰の人間失格をラストまで読んで、主役の葉ちゃんの考えも分かるかもしれないと思った。
主役の葉ちゃんは人だったら誰しも抱えている価値観を、たくさん抱いている。
そういった部分を、自分の中だけに積み重ねないで酒だったり異性だったりで発散させる。
終盤で、行きつけのバーのマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
ここで初めて、主人公の葉ちゃんは要領がよくないんだと、本当に気の毒に思ってしまう。

悲しそうに叫ぶ先生と夕焼け

自分自身、アレルギーで、化粧はほとんど出来ないし、乳液も限定されている。
そこで、果実や栄養剤の力に頼ってしまうのだが、近頃摂取しているのがコラーゲンだ。
飲み物に入れて、日々飲んでいるけれど、ちょっとは肌がつややかになった。
なんと、習慣にしてから効果が出るまで、即効性があったので、感動した。

気持ち良さそうに自転車をこぐ子供と季節はずれの雪
出身地が異なると食生活が変わることを結婚してからものすごく感じるようになった。
ミックスジュースシェイクしようかと妻からいきなり聞かれ、ミックスジュースを買っていたのかなと思ったら、地元では作るのが普通みたいだ。
ミカンやパイナプルとその他もろもろと氷を投げ入れて、普通の牛乳を挿入して家庭用のミキサーで混ぜて出来上がり。
家で飲んだのは未知の体験だったが、大変美味だった。
好きだったし、はまって、俺も作り飲んでいる。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 山岳を駆ける鹿ときらめく星 All Rights Reserved.